本日のおすすめ『【ゴルフ】鈴木愛プロ 永菊地絵理香 プロ 勝みなみプロが福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県) を女子プロゴルファーがをラウンド!2日目2018 japanese golf』等

ALSOKパワーで勝つ!レスリング 最強バイブル 子どものスポーツQ&A こんなときどうする? 指導者・保護者の110番

また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。構え・タックル・投げ・防御などのテクニックから、一流選手たちの「スペシャル技」まで、オリンピックメダリストがモデルと… 子どもにとってスポーツをするのは楽しいことだが、大人のスポーツの縮小相似形では、身体や心に…

注目の情報『ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」』(小野 敬人)

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

腕でゴルフをしようとするから毎回スイングが変わってしまうのです。
「飛距離をアップさせたい・・・でもスイングの大幅改造は今更ちょっと・・・」
「年齢的なこともあるので筋力トレーニングはしたくない」
「腰が痛いのでスイング改造は無理」
また、雑誌や本で書かれている方法で飛距離をアップしようとしても、
「なかなか効果が現れない」
「三日坊主で終わってしまう」
といったことも良く耳にします。
つまり、一般的に、
「ゴルフの飛距離をアップするためには、筋力アップや体幹トレーニングなどの辛い方法を我慢して続けていくしかない」
とされてきたのです。
しかし私は、
「体格が劣る人でも飛ばすプロゴルファーはいる。飛ぶ人と飛ばない人の違いは、体の動かし方だけなのではないか!?」
という課題を掲げ、様々な練習に取り組んできました。
そしてある日テレビで当時のホームランバッター落合博満選手の番組を見ていて、”あること”を発見したのです。

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」の公式サイトへ

大相撲観戦ガイド サッカーのメンタル ケータイでできるメンタルトレーニング〈実践編〉

※特別付録『相撲カレンダー2018全69関取の誕生日つき!』は付属しておりません。※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。チケット即日完売が続く大相撲。「スー女」という言葉が定着するほど、人気が高まっています。特に2018年は目が離せ… 「イチローのメンタル」に続くメンタルシリーズ第2弾。指導音声を聴きながらトレーニングできるQR…

おすすめはやはり『ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」』

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

人間の体は、意識してもそんなに精密に動きません。
腕の筋肉は下半身の筋肉よりはるかに小さいのです。
腕の動きに囚われて下半身の動きが疎かになっていたのでは体を制御することができません。
腕でゴルフをしようとするから毎回スイングが変わってしまうのです。
私のスクールには、習っているティーチングプロから「飛ばしは才能が必要」と教えられ、飛距離を諦めた方がよく来ます。
本人はすっかり気落ちし、グリーン周りで勝負するしかないと考えています。
果たしてこれは正しいのでしょうか?

ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」の公式サイトへ