本日のおすすめ『第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 6日目(予選)』等

WILDERNESS サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術

今号では世界中のクライマーが憧れるクライミングの聖地・ヨセミテを大特集。日本人クライマーによる4日間かけたビッグルート挑戦記から、おすすめルート紹介、旅のヒントなど、クライマーなら絶対に見逃せない特集です。さらに第2特集は「いま、極地へ。」と題し、日本人冒険家による極地冒険の… サッカー監督という仕事の全体像とは? 本書はまずモウリーニョら世界的な巨匠たちのメソッドから、監督に必要な7つの力(刺激、厳格、共和、内発、一貫、組織、修練)を導き出す。そして、その指導術をふまえて日本代表監督を検証し、課題を浮かび上がらせる。ハリルホジッチの「??力」は花開…

注目の情報『水泳ストリームライン改善プログラム』(株式会社トレンドアクア)

水泳ストリームライン改善プログラム

~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~
もしあなたが背泳ぎの選手であれば、推進力ある滑らかなローリングが身についてスピーディに泳ぐ姿・・・
平泳ぎの選手であれば、タイミングの合った豪快なストロークとパワフルなキックで伸びのあるスピーディーな泳ぎ・・・
バタフライであれば、全身が滑らかでありながら豪快なうねりをもってぐいぐい突き進む泳ぎ・・・
もちろん、最も競技人口の多いクロールであっても同じでしょう・・・
得意な泳法が何であれ、スタイルワン、ツーがなんであれ、スイマーとしての最大の目標は理想的な泳ぎのテクニックを習得して、スピードアップを図ることではありませんか?

水泳ストリームライン改善プログラムの公式サイトへ

テニス ダブルス 勝つための戦術 BiCYCLE CLUB

アマチュアが参加する市民大会や草トーナメントで前回よりも上位に行くために、プレーヤーが覚え… 自転車やライディングテクニックには詳しいけど、自転車がおいてある部屋は、ぐっちゃぐちゃ……そんなローディーは、結構多いものです。そこで今月の巻頭特集では、理想的な「バイク部屋」を大特集。収納のコツから、トレーニングルームまで、使い勝手のいい部屋作りのコツを伝授しています。第2…

おすすめはやはり『水泳ストリームライン改善プログラム』

水泳ストリームライン改善プログラム

元アトランタ五輪代表、個人メドレー選手の吉見さんが、このプログラムの監修をしています。
選手としての経験もさることながら、指導者としてトップスイマーや一般スイマーとも直に接する機会がある元オリンピアンが、たどり着いた水泳にとっての姿勢制御の重要性は、強調してもしすぎることはないと吉見さんは考えています。
その水泳の経験とノウハウを、水泳研究家としての実績ある井口先生が現実の中学生スイマーへの試験導入を長年繰り返してきた結果、このプログラムは完成しました。
全泳法での安定したタイムを必要とする個人メドレー経験者が、あなたがたのようなごく一般のスイマーに伝えたい全泳法に共通のストリームライン習得ノウハウは、いかに競泳選手として効率よく、速く泳ぐかを考慮したプログラムになっています。

水泳ストリームライン改善プログラムの公式サイトへ